ELファイバーの形成例と配線例

ELファイバーは、手で曲げるだけで光るラインを作ることが出来ます。
光るラインの文字や絵などを作る場合、下地となるワイヤーなどを製作して、その上にELファイバーを沿わせて固定することで形を作ります。
また、ELファイバーは必要な長さにカットして光らせることも可能です。

ELファイバーの形成※イメージ

ラインで光る文字を作る場合の一例となります。
※各イメージは実際の製作例ではありません。クリックで拡大表示。

  1. ラインで表現出来る文字やイラストなど、ELファイバーで光らせるデザインを描き出します。ELファイバーは鋭角に折りたたむと光らなくなる場合がありますので、曲げる部分は丸みが必要です。
  2. 書き出したイメージを一筆書きのように1本のラインにします。※イメージはわかりやすく作成していますが、繋ぎ部分など最短を描きます。繋いだラインに糸などを沿わして、必要な長さを計測します。この長さがELファイバーの長さになります。
  3. ELファイバー単体では形状を固定することが出来ませんので、手で曲げることが出来る太めのアルミ線や針金などで、ラインにしたイメージに合わせて形を作ります。
  4. 出来上がった形にELファイバーを載せながら細いステンレス線などで固定します。
  5. ELファイバーを下地に沿わせて形が完成です。
  6. 発光装置インバーターに繋いで発光の形を確認します。※発光イメージ。
  7. 繋ぎの部分、光らせない部分には光りを通さない不透明テープ等を貼り付けて、光らせるELファイバーの形を残します。※ボードなどに固定設置する場合は、繋ぎ部分でELファイバーを留めて固定します。
  8. 実際の固定例写真です。※手順のイメージでの製作写真ではありません。ブルーのアルミ線にブルーグリーン発光のELファイバー(透明に見えているファイバー)を固定しています。黒い部分はマスキングした部分です。この場合は、マスキングを行いながら固定しています。
光るアート

写真は空間演出の光るアートとして、針金をベースに形を作り、ELファイバーをベースに沿わせて固定した製作例です。

柔軟なELファイバーを使用すれば色々な光りの形を表現することが出来ます。しかも簡単です。

ELファイバーでの表現

ELファイバーを袋文字で形成

ELファイバーで文字などをラインで光らせる場合、1本のラインにするのではなく、袋文字にする方法もあります。一筆書きとして描きやすく、しっかりとした表現が出来ます。※イメージです。

ELファイバーで光る衣装を作る

ELファイバーは洋服に縫い付けて使用することも可能です。携帯出来る発光装置インバーターを使用して、パフォーマンス衣装として光りを表現することも出来ます。※縫い付ける際は、針がELファイバーに刺さらないように注意が必要です。

ELファイバーの配線加工

販売しているELファイバーは配線加工済みで、発光装置インバーターに接続するコネクターが付いていてそのままで光らせることが出来ますが、配線加工済みのELファイバーを必要な長さにカットして光らせることも出来ます。

また、カットした配線が出来ていない方のELファイバーを光らせることも可能です。ただし、その場合はカットして配線部分が付いていないELファイバーに新たにコネクターコードの配線加工を行う必要があります。


※ELファイバーの配線加工は半田付けなど電気配線の経験が必要で注意事項もありますので、ELファイバーの具体的な配線加工については、お問い合わせください。

※下記は配線加工の大まかな説明となります。

ELファイバーの分解写真

ELファイバーを剥ぐと写真のようになっています。配線加工を行うためには、2本の付加電極(髭線)が切れないように塩ビの被膜を剥ぎ、発光層を剥がして芯電極を剥き出しにする必要があります。

※参考値:被膜は先端から15mm~20mm程剥がす、発光層は10mm位剥き出す。

ELファイバーをカットして再使用

カットする際の注意として、鋭利なハサミ等でカットしないと、配線加工済みELファイバーの付加電極(髭線)が芯電極に接してショートする場合があります。カットは必ずインバーターに繋がない状態で1本づつ確認しながら行います。配線加工済みのカットした方の先端は収縮チューブ等でカバーします。

ELファイバーの配線加工

銅箔テープを使用して行う配線加工の場合は、発光層に絶縁テープを巻き、その上に銅箔テープを貼り付けます。※付加電極(髭線)を直接半田付けする方法もありますが、付加電極が切れる可能性がありますので、お勧めできません。

ELファイバーの電極加工

コネクターコードのリード線1本は銅箔テープに付加電極(髭線)2本を巻き付けた部分と半田付け、もう1本のリード線は芯電極と半田付けを行います。※剥き出しのリード配線同士や他方の半田付け部分にくっつかないように注意が必要です。
配線加工を施した部分全体に収縮チューブなどでしっかりと絶縁処理を行います。

ELファイバーのオーダーカット

ELファイバーのオーダー加工

ELファイバーをご指定の長さにカットいたします。1本より、御見積もりいたします。
お問い合わせ/ご依頼のページをご覧ください。

Address

5 5 3 - 0 0 0 1
大阪市福島区海老江1-5-81
有限会社アイティラボ

企業情報
|特定商取引法表記
|プライバシーポリシー

Contacts

Tel::06 ( 6456 ) 5661 
Fax:06 ( 6456 ) 5671

お問い合わせ
|ご注文
|御見積もりご依頼

Website was built with Mobirise